木造 枠組壁工法 S造・RC造 工作物 その他構造計算全般

トップページへ 

会社概要 

構造計算のご案内 

地震に強い建物とは? 

構造学のQ&A 

 

解答編

                                               

 地震に強い建物

   阪神大震災から

 阪神淡路大震災

 阪神大震災による大被害のもとに、より耐震性のある建物を計画することは設計者、施工者の皆様も周知のことと思います。木造住宅を例に、一般的に地震に強い建物とは・・・・基礎が頑丈で、筋違いが充分で、接合金具が多く入っている・・・・こんな考え方でよいのでしょうか?

 

   基礎構造について

 ビル

 基礎の構造は支持する地盤の耐力(地耐力)と密接な関係にあり、地盤の調査が第一の条件になります。地耐力に見合った基礎構造こそが大切で、見た目の大きさではありません。
 筋違いは水平力に対応する部材ですが、多く入っていれば良いというものではありません。木造3階建てで同一縦軸通りの1階から3階まで倍率の大きい筋違いを入れた場合は、1階の柱脚部分に大きな引抜力が作用し、接合金物も大きなものが必要になります。
 要は、耐力壁(筋違いの入った壁)をいかにバランスよく配置し、建物の水平回転「ねじれ現象」を防止し、構造面での安定を考慮することが大切でしょう。

 

   構造計画

 

 ビル

 基礎構造も含め、筋違いや接合金物の多い建物が地震に強いという誤った考えはやめましょう。最小限必要な耐力壁と接合金物で構造計画された建物がコスト面も併せて、より耐震性に優れた建物といえます。これは枠組壁工法、S造、RC造にも共通することです。
 当事務所では、ご指示いただいた建物を計算するのみではなく、設計者、施工者の皆様の意志、思考を充分に尊重しながら、構造面の相談をさせていただき、計算に入りたいと考えております。